daily staple

日々の定番。

夏休み、そして大学受験準備


今年初めて咲いたブラシノキ。


先週末、10年生最後のテストが終わり、長い長い夏休みに突入しました。
息子の学校はネットで全ての成績(宿題の点数/宿題の提出有無/テスト結果など)が閲覧できるので、もう結果は分かっています。

今学年はオールAにはとどかず、BiologyがB、AP-World HistoryがB+と本人的にはちょっと悔いが残る結果になってしまいました。
そのせいでGPAもWeightedで3.98と惜しくも4.0にとどかず。
でも上期にC+だったAP-World HistoryがB+に上がったので良しとしようよ、と息子をなだめました。

ちなみにAPとは、Advanced Placement Programといって、Honorsクラスよりも難しく、授業内容もカレッジレベル。
毎年5月にAP用の全国試験があるので、その試験で5段階評価中4か5を取得できれば、該当単位を認めてくれる大学がいくつもあります。

このAPクラスを12年生になる前にいくつか取って良い成績(4か5)を残せれば、大学入学後に授業が免除されるので学費の節約にもなります。またAP試験は任意なので、クラスだけ取ってGPAポイントだけを底上げする生徒もいます。

そのためGreat Schoolなどでは、各学校のAPクラスを取る生徒数や合格者数などのデータを公表しているので、子供の進学に熱心な親御さんは小学生の頃からそういった高校のデータ収集に余念がありません。

私の場合、息子の同級生のお母さんが詳しいので、ここ数年彼女からいろいろ教えて貰っています。そのおかげで、なんとかアメリカの大学受験システムについていけてるかな……。

AP-World Historyの試験結果は7月。
取り敢えず3以上なら合格なので、なんとか食い込んでいるといいなぁ。
もちろん4以上なら言うことないけど。


息子の昼ご飯チリドッグ。チーズものっけてボリューミーに。




 
スポンサーサイト

眼科検診



今日はCOSTCO内にある眼科で、アメリカで初めて視力と眼の検査をしました。
実は3年前に一時帰国したとき、人生初の眼鏡を作って以来の受診。
今回もCOSTCOで眼鏡を新調するためだったのですが、念のため眼圧や緑内障などの検査もやりました。

とにかくいろんな検査が早くてビックリ。
視力、眼圧、眼球の3D撮影が10分もかかりません。
会社員だったころ日本で健康診断でやったときは、もっと時間がかかった記憶があるので、テクノロジーの進歩が有り難いです。

その後、眼科医と細かい視力検査と問診。
結果、眼は健康そのもので何も問題ありませんでした!
ただ視力は3年前よりも下がっていて、老眼も進んでいるので、遠近両用で新調したほうが良いと言われました。

着々と肉体の老化が進んでいるわ~(´;ω;`)



 

夏が来た。


州立大学で見かけた緑のトンネル

あああ~!
気づいたら4月は1回も記事書けなかった~

さて、5月に入った途端に100F/38℃超えで、すっかりアリゾナも夏に突入しました。
これから街はオフシーズンです。
ウインターバードと呼ばれている避寒で滞在していたお年寄りやお金持ちは夏が過ごしやすい他州へ去り、州立大学の学生も卒業と新年度の狭間でぐっと人数が減るからです。

さすがに夏の暑さには辟易するけど、最近はちょっとスローなこの時期が好きだったりします。
まず街から人が減るので車の運転がしやすい!
地元民も「夏だしビジネスもスローだし……」ってなんだか諦めにも似たノンビリさが感じられて、街全体を漂うこのユル~イ雰囲気がわりと気に入っています。(いやビジネス的にはアレやコレなんだろうけど……汗)


なんで網戸にへばり付くのだろうか

あと野生動物が活発になるので、毎日バックヤードをトカゲやウズラやウサギやハミングバードなんかが通り抜けていくよね。
トカゲを見ると「ああ、遂に夏が来たか」となります(笑)




下の【READ MORE】から拍手のお返事です。